おやじの楽工(がっこう)

早期退職おやじの「楽」しい再生「工」場

届け! おばあちゃんへ (山狸

 先日、二胡の先生と先生の教室の生徒さんと一緒に、デイサービスのある病院へ二胡をひきにいってきた。いわゆるボランティアである。

 合わせて6曲をひいた。童謡あり子守歌あり、中国やモンゴルの曲であまりなじみがないであろう曲もありだったが、お年寄りの方は、とても熱心に聞いて聞いてくれた。

 二胡をひきながら、周りを見渡していると、一生懸命に聞いてくれているお年寄りの中に、懐かしさを感じるおばあさんが一人いた。もちろん知り合いではない。

 

 そのおばあさんの顔を見た時、自分の祖母のことを思い出した。祖母は2年前、亡くなった。突然の別れであった。95才。

 その頃は、自分はまだ体調もすぐれず、何もする気にもなれなかった。唯一、二胡だけひきたいなと思い習い始め、1年が経とうとする頃だった。

 そして、何もできなくなっていた自分が、やっと二胡が少しできるようになったので、おばあさんに会ったら習っていることを伝え、できる範囲で童謡などをひいて聞かせてあげたいと思っていた。

ただ、

「おばあさんは私が失職したことを知らないし、家で動けなくなっていたことも知らないから、二胡のことに触れるとばれるかもしれない(心配をかける)」

という思いが邪魔をして聞かせてあげることはできなかった。いろんなことに興味のあるおばあさんだったから、きっと一生懸命聞いてくれただろうに。

 もちろん、今思えば、今よりもずっと下手くそだったし人に聞かせるようなレベルの演奏にはなっていなかったであろう。でも、聞いてほしかったなあ。

 

 

 その祖母によく似たおばあさんの顔を見ながら、

「(自分の)おばあちゃん、聞いてくれてる?僕、二胡がだいぶひけるようになったよ。頑張って演奏するから、しっかり聞いてね」と心の中でつぶやき、精一杯の心を込めて演奏を続けた。

 

 

 おばあさんのことを思い演奏していると、二胡は何とも言えないすてきな音色で曲を奏でるのでした・・・って書けたら最高だけど、まだまだ修行の身。今出来ること以上のことは、当然出来ませんでした(笑)

(どこかで聞いたような話になるところでした。てへっ)

 

でも

 いつか、もっと上手くなってやる!今日も練習あるのみ。がんばるぞお!!!

 待っててね。おばあちゃん。