おやじの楽工(がっこう)

早期退職おやじの「楽」しい再生「工」場

覚醒・ぼくの二胡道 (山狸

ぷはあっーーーーー。

 

一昨日は、上の子の始業式。

昨日は、下の子の入学式。

今日は、二人とも朝早くから登校。

 

 ついに、長いトンネルを抜け、学校生活が戻ってまいりました。

 

 約40日間、子どもたちは本当によく家で耐えたと思います。楽しいこともなく、生真面目なので外へ出て友達とも遊べず。子どもたちはストレスいっぱいだったことでしょう。まあ、家族で過ごしたり話したりする時間が増えて、私的にはうれしかったですが、、。

 

 ですが、実際には、コロナの影響が加速度的に広がる中、さっぱり喜べない、心配ばかりの新学期。

 子どもたちも、休み中に見たテレビやネットニュースでコロナの恐ろしさを知り、マスクをきちんと着用し電車で登下校します。友達に会えるしうれしいはずの子どもたちの背中が、何となくどんより重く感じるのは、私だけではないでしょう。

 どこでコロナに感染するか分からないし、心配をすればきりがない。だけど行かないといけない。駅に送った帰り道、つい先ほど見た我が子が駅の階段を登る姿を思い浮かべ、子どもをコロナとの戦いに送り出すようなつらい気持ちになります。

 自分は、しばらくは整体のお客さんを常連さんに限り営業する方針にしたので、新規のお客さんも来ず、結局は一人で自宅待機状態。(整体のお客さんの平均年齢は80歳近いので、もろにコロナの影響を受けそうなので、予防のため)

 「残り少ないマスクを無駄に消費しない」ことが、唯一私にできることか?と思いながら、家事をしながら家にこもる生活になる。

 

 ああ、早くコロナの心配をしないでいいようになってほしい。

 

 

 さてさて、二胡ですが、三月の中盤以降ほとんど練習しませんでした。しばらく触らないと、「どうせ、指も動かないだろうし、音程もひどくなっているだろう」と全く二胡に気持ちが向かわなくなります。

 ですが、そこは命の恩人と言ってもいいくらいの二胡のこと、日々気になります。そこで先日、先生にレッスンをお願いして、恥ずかしながら、ノー練習のままで行ってきました。

 すると、いつも間違いがちなところは確実にミスるし、音程も思うようにはいかないものの、なんだかとってもいい感じ。久々なこともあり、楽譜に食らいついて我を忘れて先生の音に合わせて一緒に練習しました。二胡をひくことがこんなに気持ちがいいなんて。再認識💛とても気持ちよく練習を終え帰ることができました。1か月半ぶりのレッスンでした。(もちろん、マスク付きの)

 

 そして今日。子どもたちを送り出し、洗濯機のスイッチを押して、超久々の練習をスタートさせました。基礎練習から始め、曲をひき始めると、

    なんかいい。

       とてもいい。

         音程が合うとか外れるとかではなく、

            なんだか思うようにひけている。

               左手と右手、二胡と一体感がある。

                  周りのことが見えないし気にならない。

                      ここにあるのは自分と二胡のみ。 

   あれ、これって??ゾーンとか言うやつ???

 

 まあゾーンなんてその道で極めた人が感じることだろうから、自分のはゾーンというにはレベルが低すぎる(笑)

 でも、何だかとても気持ちのいい練習ができました。二胡を習い始めた頃の懐かしい感じ。そうだ、あの頃も「上手くひきたい」とか「いい音が出したい、音程が・・・。」とか考えず、がむしゃらに二胡に没頭していたな。3年間練習を積み、「そろそろうまくひきたい」とか変な色気が出てきたのが、このスランプの原因だったのかな。

 

 もう、そんな欲や色気を持つのはやめよう。ひたむきに、がむしゃらに、練習するのみ。それのみが、今回味わった二胡との心地よい一体感のようなものに近づく一歩なんだろうと思う。

 そして、それこそが、「上手くひく」ではなく、自分を・自分の心を表す(救済する)二胡、自分の求める二胡との一体化なんだろうと思う。

そして、それがきっと、僕の二胡の音・音色ということになるのだろう。

 

 明日もがんばろっと。

 

 

 

(((最後あたりの下りは、音楽のことがさっぱり分かっていない者が、自分の感覚で書いた文章なので見当はずれだったり、不快な思いをされたらご容赦ください。)))

 

 

そろそろ、音楽が恋しくな?? (山狸

「ドとレとミの音が~~でなあ~い。

            ファとソとラとシの音も~~でなあ~い。」

って当たり前。出ませんよ、そんな音。

だって相変わらず二胡ひけてないんだもおぉぉぉん。

 

 はいはい。

ついに開き直ってしまいました(笑)。

 

というのは冗談で、二胡のことは大変気にはなっています。でも、タイミングと度胸が今一。ふすま一枚挟んだ隣の部屋では、息子が咳ばらいをしながら日中ずっと勉強のおこもりをしておられます。なかなか、「ひいてもいい?」と聞くことができません。

明日は息子が用事で外出予定。チャンス到来!!!

 

 

 さて、今日こそ『古都』のお話。

まあ大した話ではありません。

二胡を始めた翌日から二胡のことが頭を離れません。

 車の運転さえ「無音」好き。ラジオも音楽もほとんど聞かない私が、音楽のCDなんかレンタルしたこともないのに、CDレンタル屋へ。ドキドキしながらあたりを見渡し、二胡のCDを必死に探して見つけて借りました。

 車で聞きながら帰ると、どの曲を聴いても、やはりこれは心地よい音色。何となく心が癒されます。その中で一曲だけ何だか今の自分の心にぴったり響く曲があります。

 こころのふるさとといいましょうか、心の奥深くささるような、そして心身を病み一人ぼっち(社会的に)なった自分がどうしても吐き出すことのできない心の叫びを映し出すような、そんな響きに聞こえます。そして、何周かCDを聞く内に、いつの間にかその曲がかかると涙が自然にスッと流れるようになりました。

 二胡に出会って最初に出会えたこの曲。何度も何度も聞きました。

そして、数か月後、たまたま本屋に行った時に、この曲の楽譜が目に留まりました。迷わず買いました。ちょっと練習しました。当然初心者の私には無理でした。

 だから、この曲が自分の音色で語れるようになるまで上手くなろうと思いました。そして、日々、基礎といろんな曲、テクニックの練習に励んできました。

 

 そうです。休んでいる場合ではないのです。そんな暇があったら手を動かさなければ、、、。次週、復活の予定です。

 

 

 

 

二胡よ、いずこへ  (山狸

二胡の練習ができていない。

 

 ひかなければという思い・あせりも当然あるが、残念ながらその一方で少しホッともしている。

 

 子どもたちがコロナ休校の影響で家で過ごすようになり、私の生活は一変した。

 みんなが仕事や学校に出かけた後の静かな朝のひととき、洗濯機のスイッチを押し洗濯機が回り始めればそこから約1時間が私の二胡の練習時間。そんな優雅な一日のスタートのはずが、、、。

 

 高2生は朝食を食べたらお勉強。邪魔はできない。

 大してやりたくもない勉強に朝っぱらから立ち向かわなければならずイライラしている高2生の気持ちを考えると。そして、「マスクしてれば少々ぐらい大丈夫」と遊ぶ友達からの報告をうらやましそうにながめ、有り余る元気を押さえ誰とも遊ばず生真面目に家で過ごそうとしている高2生の心中を察すると。

 二胡ってかなり大きくて高い音色だし、私はまだまだ練習中だから相当数の音程を外すのでとても聞き苦しい。そんな二胡を朝っぱらからひこうものなら。なかなか練習するタイミングが見つからない。さてさてどうしたものか。

 

 その反面、ホッともしている。いまだスランプは抜け出せず、あまり二胡に触りたくない気持ちもまだどこかにある。なかなか気持ちの整理も難しいものだ。

 

 

 今日は、少し元気を出してあの日のことを思い出してみよう。

随分前にもこの日記に書いたような気がするが二胡を始めたきっかけと、後『古都』との出会いについて。そうすれば、また初心に帰って頑張れるかもしれない。

 

 転勤中に調子を崩し、身近だった前職場の誰にも知られることなく職を失った私。ある日、転勤前一番親しかった人たちに誘われて夜の食事会に行くことに。行っても話も合わないし気が重いなあと思って電車に乗っていたあの時。

 目に映ったのは、川と山、そしてあまりにも美しい夕焼け。その夕焼けを見ているとふと頭の中できれいな音色が聞こえた。その哀愁のある音色はこの夕やけにぴったりだと思った。その音色を辿り何の楽器なのだろうかと考えた。よくは分からないが、馬頭琴???。(「スーホの白い馬」って国語の教科書の中の話に出てきたような)急いでスマホで検索をしてみる。 

 すると、馬頭琴はなかなか見つからないものの、二胡二胡の教室の案内が目に留まる。おおっ。これか?

 

 まだ、何をする気力も体力もなく日頃何もできず体を横たえ倒れていた私。この飲み会に重い心と体を引きずっていけば、間違いなく明日は寝込むこと確定の私。そんな私の心に、この音色は大きく美しくそしてはかなく哀愁のある心の声として響き染み渡った。  

 そうだ。二胡を始めてみよう。何もなくなり気力も体力もやる気も元気も失なった私にとって、これが一筋の希望となった。

            「二胡をひけるようになる」

これが私の新しい人生における最初の目標となった。

 そして、翌朝には講座に連絡をし、その後、今の先生の指導を受けるようになったのだから、今さらながらではあるが大したやる気がでたものである。

何もなく廃墟と化した我が心に、初めて差した一筋の光。それが二胡

 

ちょっと、長々書き過ぎちゃったな。

でも、少し二胡を大事に思う気持ちを思い出した。

『古都』については、また次回にするとしよう。

危うし! 二胡!  (山狸

 スランプだ。きっと。

二胡を習い始めて3年半。初めて訪れたスランプ。

どうにもならない・・・。

 

 一緒に習っている仲間が次々と、しかも繰り返し何度もスランプに陥る中、ただの1度もスランプになることなく、快調に3年半楽しく練習を積んできた私。

 音が外れようと、思ったような音色じゃなかろうが、とりあえず練習する曲を通してひけるようになることだけを考えて練習してきた。曲が1曲音を出してひけただけでも、かなりの満足感が得られるし、音程も音色も気にせず練習できるのは、音楽をしたこともなければ、日常生活の中で音楽をほとんど聞いてこなかった私の強みなのかもしれない。

 この前まで練習していた曲は、中級の曲で、転調があり、難しい。基本何も考えずに楽しく曲をひいてきた私にとって、音を考えながらひくのはなかなかに難しい。左利きゆえに、弦を押さえる左手の指は、比較的スムーズに運指を覚え、音を出してくれる。それが、転調などで、どの音か考えないといけなくなると、とたんにどうすれば良いか分からなくなるのである。それでも何とか食らいついていこうとしたが、今度は音色をだす右手の問題である。ひき方がいろいろ変わるが、左手に比べ、不器用な右手は先生が言うことを聞いても反応ができない。出来る感じが持てない・・・。

 さらに、今までひいてきた曲も、ひいているうち、「あれ、この音どうやって出すんだっけ?」と思った途端、全く外れたような音が出たりする。これは落ち込みも半端ない。すっかり自信とやる気を失ってしまった。

 

 今日は元気を出して、今まで習った曲だけちょい練習。

 

 

 私が二胡をひくのは、すべて『古都』という曲をきれいに弾けるようになるためだ。どんな曲であろうとポジション移動が難しかろうと技術の練習が困難でだろうと、全ては将来『古都』を自分が気持ちよくひくことができるようになるための土台。そう思って、いろんな曲、技法の練習に取り組んできた。

 まだ、『古都』の練習はしない。一時期少しかじりかけたが、やめた。まだその段階ではないと思ったから。この音程・音色でひけても、きっとちっとも満足できないであろう。きっと音を出すだけならしばらく練習を積めばできるようになる。でも、この曲はそれでは満足できそうにないのである。

 

 

 なぜこの曲なのか?

書けば、思い出して練習する気力が湧くかもしれない。

でも、今はそんな気になれない。(そんなにたいした話でもないのだが(笑))

また今度にしよう。最近時間だけはあるから。

昼のひと時、コーヒー片手に。 (山狸

 昨夜も、娘は熱に浮かされ大変な一夜となりました。

今朝一番に、内科を受診しインフルエンザの検査。

 

 お願い、むしろはっきりインフルであってください。そうしないと、コ、コロ、、コロ、、ナあんて可能性も出るかも。それは怖い。だからはっきりさせて。

 

 祈るような気持ちで結果を待つも、、、陰性。

 

 インフルではないだろうとのこと。そう言えば、周りも流行っていなし、最近はほぼ家にいるし、まあそういうことか?

 朝一、38.1℃あった熱も、通院時には、36.9℃まで下がり、病院を出るころには、結果を聞いて安心したのもあってか、ふらふらだった足も、うつろだった目元も、心もちシャキッとしているよう。

 熱はかなり下がったが頭だけは痛い模様。でも、家に帰った後は、あれほど何も喉を通らなかったのに、おにぎりと巻きずしをぺろりと食べて、何食わぬ顔で、ベッドの布団へ潜り込んでいる。隣の置いた整体ベッドに横になり、経過観察しようと思ったが、楽しそうに漫画を読み、笑い、

「あと一冊読んだら寝る」

という娘の姿に、

「用事ができたらスマホで連絡して。」

と、階下に。そして、コーヒーを入れて、やっと一息。

はあああああ。長かったなあ。

 

 毎年かかるインフル。予防接種をしようがしまいが結構きつい症状になる娘。

今回は、歯医者で奥歯の歯肉をカットしてはれていたからばい菌でも入ってその影響もあったのかもしれないが、インフルではなかったようだ。

 

 あとは、早い回復を祈るのみ!

さあ、のんびりして回復しよっと。(笑)

 

一晩中狭いベッドで、布団もなく半分寝たり寝なかったり、氷枕を変えたり熱を測ったりと頑張った私が一番疲れてる???(笑)

張り切っていこうとした矢先! (山狸

 世間は、コロナの話題で一色。

 伝わってくる情報が少なく、不安は募るばかりだ。

 不安がいっぱいの中で、「自分の県には患者がまだ出ていない」というよく分からない安心感がいつまで有効なのであろうか。きっと患者が一人でもいるのが分かろうものなら、大変な騒ぎとなるのであろう。あまり考えたくはないが、もうすでに広まりつつあるのではないかと思ってはいるのだが、、、。

 コロナは怖い。何が怖いって、自分が罹ることも怖いが、一番は怖いのは人にうつすこと。年老いた両親がいる身として心配だし、もし他の人にうつしてしまったらその人の家にお年寄りや小さい子がいて大変なことになってもいけないし。

 この後、どんな展開になるかもわからない。不要な外出を控え、マスクの浪費を押さえ、いざというときにマスクが残っているように備えておこう。マスク不足の折、我が家のマスクはいつ尽きるのか。使わないわけにもいかず、使いすぎるわけにもいかず、悩ましい日々が続く。

 私は、家にいる時間が多く、外出時間が短いので、よくはないが、同じマスクを連日使用中。くっさ。でも、まあ仕方なし。

 

  

 子どもたちの学校が休校になった。3月いっぱい休みになる。(我が家のマスク事情だけ考えると、朗報ではある。)

 二人の子どもが、スマホを片手にダラダラ過ごす様子が目に浮かぶ。

 だが、こんなことはめったにない(もちろん、ないにこしたことはないが)。

 チャンスととらえ、家族の団欒、家の片づけ、規則正しい生活、などなど、日ごろできていないことをみんなで取り組んでいこう。

 

 日々の基本生活を大切に!!!さあ、頑張るぞ!!!

 

 と思っていたら、朝から娘が高熱でダウン。インフルエンザの模様。

ああ、1週間ほど、添い寝と世話をがんばろっと。

 3月は、まずそこからだな。

 

 

 

ふらんしゅう?が、、、。  (山狸

 最近、ちょっと心がつかれている。

 

 あれほど燃えていたのに、、、。

 いや、燃えていないわけではない。ただ、ちょっとどう言ったらよいか分からない心の重さと戦っている。

 だから、心の中を覗いてみれば、きっと心はふらんしゅうに満ちているのだろう。

ふらんしゅう・・。

ふらんしゅう?

負乱臭?。

きっと、それは、心がけて(敗北感に満たされ)、心がれて落ち着かなくなっているい(感じ)。            腐ってはないよ(笑)

 

 先日、出張整体に行った先で、元同僚の栄転の話を聞いた。仲のよかった同僚で、大変喜ばしいことである。喜ばしいことではあるが、今の自分自身を思うとちょっと心が重くなる。

 整体の仕事はもちろん、喜んでもらえるしやりがいもある。でも、僕が希望に燃え大学に進学し就職したのは、整体師になるためにではなかった。最初から整体師を目指すなら若いころからもっと別のやり方があったと思う。あの頃の気持ちは、あの頃の自分はどうなったのだろうか。ふと疑問に思う。実際、自分があの頃と同じ年頃の子どもを持つ親となり、余計にそう感じるのかもしれない。

 僕の今までの人生って、いったい何だったんだろう???

 

 心身を痛めて仕事を辞め、新た一歩を踏み出し、整体ができるようになれたことにはとてもありがたいと思ている。なんとか再出発できた自分に拍手を送り、支えてくれた周りのみんなに改めて感謝したい。

 

 でも、でも、でも、でも、でも、、、。

 そうなるまで、今までの40年間は一体何のためにあったのだろうかと、、、、、。家族に支えられ成長してきた自分はどうなってしまったのか、、、。

 何とも言えない気持ちに押しつぶされそうになる。

 

 分かってる。

 全てが生きていくための糧になっていることぐらい。

 この文章がどうどう巡りになり混乱していることも。

 でも、でも、、、、。

 

 

 答えはない。

 できるのは、前を向き一歩一歩歩みを進めることのみ。

 何も見ないし、考えない。全てを目の前のことだけに集中するのみ。

 今日も整体がんばってこよっと!