おやじの楽工(がっこう)

早期退職おやじの「楽」しい再生「工」場

開業6か月目を進撃中!! (山狸

快進撃!!と言いたいところだが、

整体のお客さんは増える雰囲気が全くなく、

逆に体重だけがMAXを更新しようかという勢いで増えつつある、

そして、一日のうちで会ったり話したりするのはほぼ家族だけ、

そんな日常を、ボチボチと過ごしている。

 

 今日は二胡のレッスンに行ってきた。

 2週間に一度のお楽しみ!と思い、通っているレッスンであるが、先月の体調不良による練習不足の影響で、今だに調子を取り戻せず、行く元気もちょっぴりでない朝。

 それでも、子どもたちが、それぞれに忙しい週末を終え、重い体をひこずるようにしながらも、「行ってきます!」と学校に出かけて行く姿に、ああ、自分もできることから頑張らねばと姿勢を正す。

 そりゃそうだよね。二胡は自分の好きなこと・やりたいことなんだから、まずはそこから・いや、それだけでも頑張るところから始めないとね。

 

 行ってみると、今日は何と先生がべた褒めに褒めてくれた!

 今までより、ホップ・ステップ・ジャンプしてるくらいよかったらしい。8月のしんどい時期を知ってくれている先生が、「最近練習をまた頑張れているね」と。

 実際には、8月に比べると練習できているが、3月4月と比べるとまだ充分とは言えない。ただ、今、「上手くなっているよ」と言われるということは、ずっと前からの積み重ねてきたものが、少しずつ開花してきたのかもしれない。

 褒めてもらえることは、幾つになっても本当にうれしいものである。きっと明日からの練習にもさらに身が入るであろう。

 もっとうまくなって、いろんな二胡の人や他の楽器をする人と、一緒に演奏できるくらいになりたい。そのために、今は基礎練習・技術練習をしっかりしながら、課題曲を一歩一歩進め、どんな曲にも対応できるようなスキルを身につけるのみ。

 

 ああ、明日(の練習時間)が来るのが楽しみになった開業6か月目のある日でした。

 

 ああ、単細胞、単細胞(な私

 ああ、仕事とは無関係・無関係

              (笑)