毎日コツコツ丁寧に!

何事も心を込めて丁寧に頑張ります!

「発熱、関節痛、下痢」で大慌て!

 先々日の夜中、下の子が嘔吐。

何度も嘔吐を繰り返すのを、そばで介抱。

翌朝、しんどさに身もだえする下の子を抱え病院へも連れていき、

診察を受け、点滴をし、薬をもらった。

 

 その日の夕方。

添い寝から目覚めると、体の節々が痛い。

あまりにひどいので、妻に早く帰宅してもらい、

すぐに布団に入る。

 夜、熱は、38.6度。

さらに、39度に。

体中が痛い。

 そして、朝。

下痢が始まる。

 

 体の節々の痛み、発熱、下痢。

下の子の嘔吐から派生したものと思いたいが、

症状から言って、あの流行病も疑わしい。

 もしそうなら、いつどこで感染した???

しんどい頭をフル回転させる。

先週から、どこへも出かけていないはず。

 「そんなはずはない」と思いたいが、

昨今のコロナのはやり具合を見ると、

身近などこかで感染していても、不思議ではない。

 

 「絶対はない」し、妻の仕事への影響もあるので、

抗原検査を受けることにする。

 結果は、陰性。

ああ、よかった。

 

 ただ、本当に苦しかったし、

「もしコロナだったら」とドキドキもした。

さらに「最近会った人に感染させてないだろうか」と

心配したりもした。

 今回はコロナではなくてよかったが、

もう一度気を引き締めて、

コロナ対策をしっかりしていこうと思う。

 

 自分のため、家族のため、

そして、できるだけみなさんに

「感染したかどうか」などと心配をかけないように、

 そして、感染したとしても「出来る限りの対策はしていた」と

自分も納得し、周りの人やみなさんにも頷いてもらえるように。

 

 皆さんもお気をつけて!

 

 

 コロナは、やはりのどの痛みや咳などの症状の方が中心のようで、

私の場合は、「その他」のよくでる症状のいくつか(下痢、関節の痛み、発熱)だったみたいです。

でも、自分ではなかなか判断つきませんよねえ。

家族全員かかったので、この時期よく流行するノロウイルスという奴かな。

失礼しました。

 

 

思いを形に!

 何ということもなく日が一日一日過ぎていく。

洗濯機を回し、運動をし、二胡をひき終えると、

午前中、いや、夕方までは、特に絶対しないといけない仕事はない。

 ボーっと過ごしがちな自分に、

「一体何やってんだ!」と思うこともしばしばある。

 

 別に愚痴っているわけではないが、それが正直辛いこともあるのである。

 「やればいいこと」、「やってみたいこと」も一応あるにはある。

「やればいいこと」例えば家事や掃除などは、なかなか手がつきにくい(笑)。

「やってみたいこと」は、

「どうせ無理」とか「難しそう」とかという思いが先に立ち、

なかなか手がつかない。

 

 最近、ユーチューブ用に、絵を描いてみた。

構図も色味も▲、いわゆる「才能なし」であるが。(笑)

 

 実際問題として、ほぼほぼ専業主夫の立場上、

何かをやろうとする際に、

「そんなことしてる場合じゃない」とか

「他にすることがあるだろう」とか

「時間がもったいない」と思いがちになるのだが、、、。

 

 時間を忘れ、何かに取り組めることって本当に素晴らしいこと。

どんな形であれ、「やってみること」は、

自分を表現したり、思いを実現することにつながる。

 そんな幸せなことはない。

 

 まず、そこからだな。

自分に出来ることを増やすこと。

「やってみたい」を形にすること。

きっとそれが、今後の自分の生き様・あり様につながるのだ。

 

 

 なすDの大冒険TVユーチューブ版を見ながら、

ふとそんなことを思った。

習慣とは恐ろしい!

トイレに行く時、すっとテーブルに置いたスマホを手に取ろうとする私。

休憩で寝転ぶとき、いつの間にかスマホを持ちアプリを開こうとする私。

家事の合間や時間ができた時、気がつくとパソコンデスクに向かおうとするる私。

 

 これがなかなか、やめられない!!!

 

 昨日、目を守るために「必要以外のパソコン・スマホの使用制限」を

決めたものの、習慣とは何と恐ろしいことか。

 ほんのわずかの気のゆるみをついて、

日常生活の中に電子機器が入りこんでこようとする。

 繰り返しになるが、使うこと自体は悪いことではない。

ただ、「使いすぎによる目への負担を軽減したい!」だけだ。

 

 もちろん、決意した昨日の今日なので、

「あっ!」と気づいたら、使わないようにしているが、

それでも、今日一日で言えば、

普通の日の60%くらいは使ったことになるのかな。

 大した制限にはなっていない。

まあ、結果を焦らず、しばらく続けてみることにする。

 

 ただ、本当に生活習慣というのは恐ろしいと思った。

ダイエットだってなかなか上手くいかないのは当たり前だ。

普通になっていることを変えるのって、本当に難しいことなのだ。

 「電子機器使用量」のダイエットを目指してみて、

身に染みて分かったような気がする。