おやじの楽工(がっこう)

早期退職おやじの「楽」しい再生「工」場

卒業! (整一

卒業!

 

ついに、ついに来るべき日が来てしまった。

この日が、待ち遠しかった気持ちが、1割。

来てほしくなかった気持ちが、9割。

でも、時間は止まってくれない。

 

「こんにちは。今日もよろしくお願いします。」

いつものように挨拶をし、整体院の扉を開け、いつものように部屋に入る。

いつものように荷物を置き、いつものように上着を脱ぐ。

汗ふきタオルとお茶をとり出し、整体の準備、、、。いつものように、、、。

いつものようにいつものように、いつもの時間が流れていく。

 

 

いつものようにじゃなく天井を見上げてみる。

いつものようにじゃなく周りを見回してみる。

料金表、施術コースの案内、お知らせ。

本棚、ソファー、来店した方の色紙。

初めてみた時はどんなだったのだろう。

まだまだ、家で一人しんどさと戦う時間の長かったあの頃に、我が子を連れてきては、じっと待っていたなあ。

それが、まさかこんなこと(修行を終え整体師になる)になっていようとは。

そして今あるのは、その1つ1つのものを心に刻みたいという思いだけ。

今だけは、今この時間だけは、まだ生徒でいられるから。

 

なじみのお客さんの施術をさせてもらう。

いつものように、ではあるが、これが最後かと思うと名残惜しい。

ここに来た1年半の間に、たくさん声をかけてもらったり励ましてもらったりした。

涙で目が潤む。

施術を終え変える時には、記念の集合写真までもらった。

整体の先生とお客さんたちと私の納まったその写真には、いろいろな話をし笑ったり、お互いに励ましの声をかけあったりした、思い出も時間も空間も、こもっているように感じられる。

ああ、ここで修行させてもらえて、本当に幸せだったと改めて思う。

 

お客さんが帰られ、私の修行もいよいよ終わり。

感謝を伝え、先生の手を握りしめ、お別れ。

先生、1年半の修行を本当にありがとうございました。

4月からがんばります。

また、来ます。

いつまでもお元気で。

 

感謝!感謝!感謝!