おやじの楽工(がっこう)

早期退職おやじの「楽」しい再生「工」場

準備は整った! (耕司

 何もできないまま時間と日にちだけが過ぎていったこの数週間。

 諸々の事情や天候、体調などがすべてクリアになり、ついに昨日、ピーマンの苗を畑に植えた。

 

 

 大事に大事に育てたはずだった。だが、ここ数週間は日射が厳しく、また水やりを忘れてしおれることもままあった。お世辞にもいい環境とは言えない中で育ったことが、その若干いびつな風体に現れている。

 「もう、狭いポットの中で我慢しなくても畑の土から栄養や水分をしっかりすって大きくなってくれ。」、そんな思いで畑に向かう。

 

 耕運機をかけたり草取りをしたりしていたおかげで、植える場所辺りはかなりいい状態。だが、実際にどんな風に植えようかと考える段になると、なかなか悩ましい。

 周りには、キクイモやらミントが生い茂ってきた。どちらもスギナに負けず劣らず畑中に蔓延るタイプだ。

 ピーマンの苗を植えたら最後、奴らは「もうしばらく、この下(ピーマンを植えたところ)は耕運機はかけられないよね。」とばかりに地下茎を伸ばしてくるのが目に見えている。

 どうしたものか。

 そこで、植えた後、周りや通路に耕運機をかけられるように、植える場所を考えてみる。すると、見る見る植えられる部分は削られ、予定の6割か7割程度の広さになってしまう。結果、予想収入も3割以上減で考えねばなるまい。

 

 だが、仕方ない。この農業をしてみるチャレンジは、草と戦う企画ではない。「ピーマンは植えたけれど、草とのエンドレスバトルだった。」となるならば、しないほうがまし。草取り代にもまるで足りないお金を稼ぐためにピーマンを植えるわけではないのだ。キクイモやミントを処分することが出来ない事情があるので、可能な範囲で(植える面積を減らしてでも)、効率のよい方法を実行するしかないのだ。

 

 暑さに目がくらみ、滝のように汗が流れる中、こんなことを考えながら、無事ピーマンを植え終わった。

 さあ、やっとスタートラインに立てた。ここからが本番である。

翻弄される日々 (整一

前回記事を書いたのはいつだったろうか?

あの頃はまだ骨盤チェックがままならなくて、、、。

 

って、今だに不完全なんですけ怒!

 

 なかなか完璧にはできないものだ。調子がいい時はいいけれど、外れ始めると自信を失いどうしていいか分からなくなり、続けて何人も外してしまう。日々の結果に一喜一憂。まるでジェットコースターに乗っているみたい💛

 いやいや。そんな楽し気な話ではなくて、実際にはなかなか精神状態が厳しい。

    かなりできるようになる。

     ちょっと安心する。

     できなくなる。

     ショックを受けるが、心を立て直して頑張ろうとする。

     また、かなりできるようになる。

     今度こそは大丈夫という手ごたえと自信を持つ。

     また、できなくなる。

     自信を失う。でも頑張ろうとする。

 

 こんなサイクルを何か月にも渡り、何度もぶち込まれたら、さすがにきっついわー。

 だいたい退職したのは心が弱ったことに大きな原因があるというのに、こんなん続いたら再就職する前に、また退職してまうわ!(怒・笑)

 救いは、心から信頼できる先生がいてくれること。先生がいて見守ってくれるから、どんなに辛くて夜に枕を濡らそうが、次の日に若干元気に安心して修行に向かうことが出来る。支えてくれる人の存在って心底ありがたいと思う。

 

 

 えーーーーと。上記のようなことが続いていたので、しばらく記事を書く気にもなれなかったのです。

 

 そして、つい最近になって、やっとかなり安定して正解を出せるようになってきた。あとは修行が終わるまでに、さらに精度を高めるのみ!がんばろう!

共に休んじゃう (資助

「共に戦う!」(目指せ!10週間でー6kg!) 

                     5・6週間目 / 10週間中

 

 またまた、報告が遅くなってしまったので、2週分まとめて報告。

今週は小休止といったところ。

 

 子どもは、先週の大会後、太ももを痛めてしまった。今週は、焦る気持ちを押さえて、今週は部活と自主トレを休止。

 私は、いろいろすることが多く、精神的にも肉体的にもかなりお疲れ。そんな時こそ痩せそうなものだが、長年培ってきた習慣とは恐ろしい。

 疲れたら食べずに内臓を休めてやればいいものを、「疲れたらとりあえず食べて回復」なる悪習が抜けず、結局暴飲暴食になってしまう。よって、最近いつも胃も悪いし体もだるい。子どもが自主トレ休んでいるから、なんとなくこちらもやる気が出ない、と言ったら子どもに失礼か(笑)。

 暴飲暴食で体重が減らず自棄になってもおかしくないこの状況であるが、辛うじて、やる気は生きているようで、食べ過ぎた次の食事ないしおやつを軽くすることで、現状を何とか維持できているようだ。

 いつもこの報告を読んでくれている人に、より楽しんでもらえるように、来週からまたがんばろうと思う。 

 

    さあ、2週の平均体重は       109.9kg

   初週の平均(111.08kg)より  -1.18kg

 

 

 

 一方、大型企画「会いたい自分を訪ねて」のほうは 、3週間で255分。(約17km)、3週間の平均体重109・98kg

 よって、  

【訪ねてメーター】およそ15週間で

 会いたい自分を訪ねて  現在 およそ68km / 3000km歩く内

                残り -29.98kg / -30kgを目指す内

 

共に涙する (資助

「共に戦う!」(目指せ!10週間でー6kg!) 

                     4週間目 / 10週間中

 

 おっと、危ない。報告が遅れた。

 遅れたということは、、、ご想像通りあまり結果が芳しくない、ということになる。

 

 先週末、試合があり、子供が出場。フォームなど少しずつ良い方向に改善されてきているものの、現時点での記録としては、成果を残すことが出来ず。思うようにならない歯がゆさに涙していた。

 まだまだ、先は長い。粘り強く頑張り続けるんだよ。結果はそのうちついてくるから。

 

 さてさて、私の方は、歩いてはいる。食べる量も減らしているが、あまり成果を実感できない。4週目にしてやっとこさ、1kg減を達成。10週間でー6kg?激ヤバじゃあないですか。こんにゃろう。

 あまりにショックなので泣いてやる。泣いて、泣いて、泣いて・・・・・

 せめて涙の分だけでも、体重減とならないかな(笑)

 

 

   さあ、今週の平均体重は       109.86kg

   初週の平均(111.08kg)より  -1.22kg

 

 本来ならば来週の報告内容になるので、ちょっとフライングになるが、昨晩の体重109.4kg、今朝の体重108.5kgだったことを喜びのあまり報告しておこう。今週はいいかも💛

二胡演奏・ありがとう、おばあさん (整一

 「再来週の日曜日、お祭りで二胡演奏するんだけど、一緒に行く?」

という二胡の先生のお誘いに、

 「はい!」

といつものように即答した。

 

 習い始めてまだ2年。人前で演奏してもよいレベルにはまだまだ遠いが、自分のためについつい、いい返事をしてしまう。

 何もなくても、日々黙々と練習に励んでいるが、発表する機会があるとなると練習への意気込みが全然違ってくる。毎日お決まりの手順で弾き流しがちになる練習が、気合を入れ、音程や音に気を付けながら一曲一曲を正確にきれいに弾こうとする練習に変わるのだ。そんなチャンスを逃すわけにはいかない。

 

 お祭りでの演奏を終えた。先生と一緒に3曲(先生はプラス3曲)。(多分だが)たいして音程も狂わず無事演奏でき(たように思うから)、ホッと胸をなでおろした。演奏後にいただいたお抹茶の温かさが心地よい。最後の出し物、小学生がソーラン節を踊るのを観覧し解散した。

 駐車場で車に乗り込みドアを閉めた。すると、運転席の窓からおばあさんが2人覗き込んでくる。うん?何か口が動いているぞ、、。・・・「ありがとう」・・・

  !!!

 なんですって!!まだお粗末な演奏しかできない私にそんな言葉を言ってくれる人がいるのだ。車を飛び降り、「こちらこそ。」とお礼を言う。習っている場所や経験年数などひとしきり話した後、

「上手だったよ。途中で笑っていたのはなんで?」

と聞かれた。

「よく覚えてないんだけど、、。本当はいけないんだと思うけど、多分間違えて照れ隠しで笑ってしまったんだと思う。」

と言うと、

「それがええんよ。楽しそうに弾いているように見えたよ。」

なんて言ってくれる。ああ、なんとありがたい。

「来年もまた来てね。」

と最後にとどめのようにやさしく言葉をかけてくれて、おばあさんたちは帰っていった。心が温かく熱くなった。

 

 また、あのおばあさんたちに聞いてもらえるように、もっと上手くなれるように、がんばろう。

 おばあさんたちにやる気と元気をもらえた本当にありがたい発表となった。

共に吸収する (資助

「共に戦う!」(目指せ!10週間でー6kg!) 

                     週間目 / 10週間中

 

 さあ、この企画も序盤戦を終え、中盤に差し掛かろうとしている。早いなあ。

 

 子どもの方は、若くて吸収もいいので、日々のちょっとした努力の積み重ねが少しずつ実を結びつつある。先日は、「ずいぶん記録も伸び監督に褒められた」とうれしそうに教えてくれた。また、練習した動きが身につきつつあり、今までとは体の動き様が違うことを実感してきているようだ。

 

 さてさて、私の方は、年は取ってきているものの、「吸収力」は若いものにはまだまだ負けてはいない。むしろ若い者よりはいいと自負している。

 ただし、「食べた物を体に吸収する力」だけが、、、。食べる量は減らしても、食べた範囲内で最高のパフォーマンスを発揮し、体重を維持しちゃってくれている。とほほ。歩く習慣は定着したものの、この自慢の吸収力がなかなか体重減を許してくれない。今週は小康状態。

 

 

   さあ、今週の平均体重は       110.13kg

   初週の平均(111.08kg)より  -0.95kg(まだ1kgも減らないなんて

真緑の野に降り立つ私? (耕司

 お久しぶり、と言っておこう。しばらく作業的なことをしていなかったので、書くチャンスがなかったのだ。

 

 カラーピーマンの苗がずいぶん大きくなってきた。(作業はしていないが、当然、水やりは欠かさずやっている。)

 畑に移植するのも間近になったので、植える算段をしようと畑に向かった。久しく様子を見ていない。どうなっているのだろう。

 畑に向かいながら頭の中では、某アニメのナ〇シカなる主人公が金色の野に舞い降りたかのように、真緑色のスギナの野の真ん中で呆然と立ち尽くす自分の姿が浮かんでは消え浮かんでは消え。恐ろしやあ~~。

 

 そして畑の前に立ち止まり、前を向く。

 、、、。

 おっ。まあいいじゃないか。

 恐れていた最悪の事態は回避されていた。少し前に父が耕運機をかけておいてくれたおかげだ。もちろん、スギナが生えていないわけではない。

 「よし、今日はこのスギナどもを軽くぶち抜いて、軽く耕運機をかけて、来週にはピーマンを植えるか」

 勢いよくスギナを抜き始める。ブチッ、ブチッ。スギナの根茎を少しでも深いところまで抜こうとするも、トカゲのしっぽのようにすぐ切れてしまう。これじゃあ表面だけしか取れないじゃないか。やっぱり地面の中では相当に悪どく蔓延ってやがるな。やってられねえよおおお。(いつものパターン)イライラが募る。

 そう、「ブチッ。ブチッ。」は私の堪忍袋の緒が切れる音。きりがないので、いきなりではありますが、さっそく耕運機のお世話になることに。

 頭に来ていたので、超丁寧に時間をかけ何度も耕運機をかけてやった。スギナのやろうめ、どうだああ。これからは、ご丁寧に抜いたりせず、耕運機で混ぜ混ぜしてやるからなあ。どうせ地下ではびこるんだから、表面だけ爽やかになればもうそれでいいさ。へっへっへ。

 ってことで、今日は暴れる耕運機を長時間ずっと支えていた腰が痛く、腕が痛重い。

 

 来週、もう一回耕運機をかけてから苗を植えることにするかな。