おやじの楽工(がっこう)

早期退職おやじの「楽」しい再生「工」場

ふらんしゅう?が、、、。  (山狸

 最近、ちょっと心がつかれている。

 

 あれほど燃えていたのに、、、。

 いや、燃えていないわけではない。ただ、ちょっとどう言ったらよいか分からない心の重さと戦っている。

 だから、心の中を覗いてみれば、きっと心はふらんしゅうに満ちているのだろう。

ふらんしゅう・・。

ふらんしゅう?

負乱臭?。

きっと、それは、心がけて(敗北感に満たされ)、心がれて落ち着かなくなっているい(感じ)。            腐ってはないよ(笑)

 

 先日、出張整体に行った先で、元同僚の栄転の話を聞いた。仲のよかった同僚で、大変喜ばしいことである。喜ばしいことではあるが、今の自分自身を思うとちょっと心が重くなる。

 整体の仕事はもちろん、喜んでもらえるしやりがいもある。でも、僕が希望に燃え大学に進学し就職したのは、整体師になるためにではなかった。最初から整体師を目指すなら若いころからもっと別のやり方があったと思う。あの頃の気持ちは、あの頃の自分はどうなったのだろうか。ふと疑問に思う。実際、自分があの頃と同じ年頃の子どもを持つ親となり、余計にそう感じるのかもしれない。

 僕の今までの人生って、いったい何だったんだろう???

 

 心身を痛めて仕事を辞め、新た一歩を踏み出し、整体ができるようになれたことにはとてもありがたいと思ている。なんとか再出発できた自分に拍手を送り、支えてくれた周りのみんなに改めて感謝したい。

 

 でも、でも、でも、でも、でも、、、。

 そうなるまで、今までの40年間は一体何のためにあったのだろうかと、、、、、。家族に支えられ成長してきた自分はどうなってしまったのか、、、。

 何とも言えない気持ちに押しつぶされそうになる。

 

 分かってる。

 全てが生きていくための糧になっていることぐらい。

 この文章がどうどう巡りになり混乱していることも。

 でも、でも、、、、。

 

 

 答えはない。

 できるのは、前を向き一歩一歩歩みを進めることのみ。

 何も見ないし、考えない。全てを目の前のことだけに集中するのみ。

 今日も整体がんばってこよっと!

新年への思い!    (山狸

 新年がやってきた。

 

 去年は、何も分からないまま仕事を始めた。わずかな希望と胸いっぱいの不安を抱えながらも、人数はそれほど多くはないがお客さん一人一人の体の状態と向き合って懸命に施術を頑張れた、いや、必死で頑張り抜いた。とても大切でありがたい一年となった。

 我が人生の大きな転換点となる1年であった。

 

 

 さあ今年が始まる。私は今猛烈に張り切っている。

 一つは、愛息の受験のこと。

 勉強が難しくて机に向かうことにさえ苦労し、さらにスマホの誘惑に負けそうになり(昔人間の自分から言えば、ほぼ負け)ながら、できる範囲で精一杯頑張ろうとする息子。私に手助けできることはなにもない。ただ、一緒に頑張ることはできる。

 だから、私は今年こそは性根を入れなおし、ダイエットを頑張ろうと思う。まだまだ、体と心の調子に波があり、ゴロゴロしてしまうことも多く、そんな姿を子どもに見せてしまうことを恥ずかしく情けなく思う自分がいる。(ある程度は自分を容認してやらないときつくもあるのだが・・・。)でも、できる時に頑張ればいいではないか。ゴロゴロしかしないなら、せめて食べすぎないように我慢すればいいではないか。

 

 二つ目は、愛娘のこと。

 去年のクリスマスは精神的に過去最高にきつかった。冗談半分なのであろうがサンタさんを信じ「スマホのイヤホン」がもらいたいと願う娘。

 だが、どうしても買うことができなかった。

 まずもって、値段が高い。「薄給の私に出せない金額か?」と問われれば、無理をすれば無理やりなら出せないことはない。娘の友達ならば、「欲しい」と言えば、お父さんが何時でも買ってくれる程度の品物なのだが。

 やはり、学生が簡単に手に入れて遊び半分に使うには、あまりに高額だ。アルバイトなどをするようになってお金の価値を知ってから、買ってほしい(もちろん、買ってあげてもよい)。そんな判断の元、買わなかったのだ。

 クリスマスの朝。

 肩を落としてプレゼントを開ける娘の後ろ姿が、胸に突き刺さる。

 突然、買ってやればよかったと、後悔のような何とも言えない思いが私に襲い掛かってくる。「私にそれくらいのものを軽々と買ってやれるだけの経済力があればよかっただけの話ではないのか」、「そんなことなら買ってや・・・」と自責の念が心の底からとめどなく湧き出てくる。湧き出たのは、自責の念だけではない。大粒の涙、そして隠しきれない嗚咽。

 娘に背を向け、肩を揺らし鼻をすする父に「おとうさん、どうしたの?大丈夫?」と娘の声。必死にこらえながら、「ちょっと疲れているんだ。辛い夢を見たのをおもいだしたんだ。」

 

 まあ、そんなわけで、今年は燃えている。

 宣言しよう!

     今年は、12kg減量する!(毎月1kg、只今114kg)

     今年は、去年の2倍くらいの収益を目指す!

 

こうなったからには、やることは、はっきりしている。

◎ 日々歩くこと、食べ過ぎないこと、筋トレ。

◎ 収入の方は、整体はお客さん次第なのでどうなるか分からないが、まずはこの本業   を精一杯やろう。

  あとは、ゆとりの出てきた時間を有効活用して、株式投資もがんばろう。

  そして、食事をなるべく手作りにしたり、実家の畑で育て収穫した野菜を使うことで出費をおさえていこう。

  今の自分には、受け取る収入が「稼ぎ」というほどの狭い枠では、自分の働きを表現することも評価することもできない。もう少し枠を広げて、入ってくるお金を少しでも増やすのはもちろんのこと、出て行くお金を守ることも大切な仕事だ。

 整体。株式。野菜作り。食事作り。もちろん、株式の優待品💛さえも。

 

 焦りは禁物。力の入れ過ぎは、結局長続きしない。

一歩ずつ確実に歩みを進めるのみ。

 

さあ、今日も歩いてくるか!!!

 

 

 

四身一体! 今こそ真価を発揮せよ! (山狸

 相変わらず「超」がつくほど細々と整体業を営んでいるこの現状。

 だが、時間はずっと止まったままではいてくれない。

私はだんだん老いていくが、子どもたちはどんどん大きくなる。

 

 子どもが大きくなるということは、進学に伴い、今までより大きなお金が必要になってくる。今のペースで整体を続けていくと、この先どうなるのか???

 心配になり、時間があるので少し先までお金の計算してみた。

 

 うん。予想通り!

 全くもってどうしようもない。妻が勤めに出てくれているから日常生活は何とかなるが、これからかかるであろう学費を考えると、やばすぎるのである。我が子が親元を巣立つころには、我が子とともに貯えもみんな巣立っていくのである。それだけならまだましで、新たに「赤字(あかじ)ゃん」を抱え込むようになるのだ。

 

 うん。それじゃあ、何か対策を!

といえど、これがなかなか難しい。

 勤めに出る?アルバイトする?、、、う~ん。今は整体をしない時間も多く、時間にはかなりゆとりがあるものの、不規則的な空き時間だし、整体の予約が入るかもしれないことを考えると、前もって時間を空けることは難しそう。それに、せっかく整体を習ったのに、、、。使わないのはもったいない。

 

 

 そこで、思い出す。我、四身一体也。

 

①整体

 しっかり人とのつながりの輪を広げ、お客さんが増えるようにがんばろう。

 

②株式

 あまり余裕資金はない。でも、今の今、まだ全てを学費に回さないといけないほど切迫はしていない。あと数年は動かせる。恐る恐るではあるが、今までの経験を活かしたり勉強したりしながら、不規則に空いた時間を積極的に活用して小商いをして少しでも増やしていこう。

・ パチンコ

 たまに休みにパチンコに友達と出かけ、ご飯を食べたり話したりを楽しむだけでなく、超ヒット&アウェイで、貯玉を増やし、いろんなものに交換して生活の足しにしよう。

 

③畑

 父が頑張ってくれているが、自分も出荷したり家で食べたりできるように整体の予約のない日には畑仕事をする時間を作っていこう。

 

④記録

 日々の活動を振り返り、記録することで高いモチベーションで頑張っていこう。あまり無理しすぎて、また調子を崩さないように、活動の量を調整していこう。

 

 

 そして、忘れてはいけないのが家事。しっかり自分の役割を果たしていこう。

まだまだ、いろいろ体力的精神的に不十分であるが、、、できる範囲で。

 

 今後を思い、取り乱しまくった私でしたが、

     「できることからコツコツと!」

という、誰もがたどり着くであろう当たり前の結論に落ち着き、なんだかホッとしたのであります。

 

  まあ、何とかなるさ。笑顔で頑張り続けよう!

  「頑張ってさえいれば何とかなる」とは言い切れないが、

  頑張らなければ、何も何ともなりようがないんだから。

  そのうち、きっと何かいい手が見つかるはずさ!

 

開業すること半年! (山狸

 ついに開業して半年を迎えた。

 

 多くの不安とちょっぴりの期待の中始めた整体業。

 半年先まで続けられているとは、正直想像できなかった。

 もちろん、何となく「お客さんが来ない中、ゴロゴロと時間をつぶしている、、のかな?」とか「つぶれたって言わなきゃ、続けていることになるだろう」とかの漠然とした想像はあった。

 でも、実際に仕事のない日も多いが、人数は少ないもののお客さんが来てくれ、それを励みに日々を過ごすことができている自分が今日もいる。

 今日の仕事はない。明日は予約があるから、仕事がある。明日のために今日は家事を頑張ろう。きっと明日は疲れて家事が充分には出来ないだろうから。

 

 

 

 我が家のうさぎさんは、ミニウサギ(雑種?)だ。

 この前、ペットショップにえさを買いに行った時、偶然にも飼い主を探している(売りに出されている)うさぎさんを発見!

 それがなんと、我が家のうさぎさんに瓜二つ!!色、顔、姿、全てがそっくり!

ただ、非常に落ち着いた眼でこちらを見つめ、のんびり座って姿からは、オーラが感じられる。

 お名前はなんていうの?とカードを見てみると、ネザーランドドワーフって書いてある。ワンランク(一桁)違ううさぎさんなのでした。(お値段が、、、。(笑)さすがにこの落ち着きようは、普通のうさぎさんには難しいよね。

 でも、うちのうさぎさん、本当に見た目そっくりだから、ほぼネザーランドドワーフじゃん。今度から「どわーふ💛」って呼ぼうと思って家に帰った。

 ゲージを覗くと、そこには我が家のネザーランドドワーフ?が横たわり、涼しい目でこちらをながめている。ほら!やっぱり、ほぼそうじゃんか!

「今度からどわーふ💛って呼んでいいかい?」とゲージに顔を近づけた途端!えさがもらえると思ったうさぎさんはゲージに猛ダッシュ!ゲージに顔をぐいぐい押し付け、えさをねだるのでした。

 その瞬間、私は「うさぎさん、それは違うよ。きっとネザーランドドワーフはそんなことしないんじゃないかな?」と心の中で、そっと一桁、元に戻したのでした。

 

 でも、やっぱりうちのうさぎさんが一番。ゲージから出せば、そばにきて「なでなでして💛」と寄ってくるし、なでているとぺろぺろなめてくれるし、元気にえさを食べるし、うんちは臭いけどいい匂いだし、最高!!!!!

 ネザーランドドワーフ

              違うね!

 じゃあ、やっぱり、ミニウサギ??

               違うね!!

 最高の家族だよ💛

 

 

届け! おばあちゃんへ (山狸

 先日、二胡の先生と先生の教室の生徒さんと一緒に、デイサービスのある病院へ二胡をひきにいってきた。いわゆるボランティアである。

 合わせて6曲をひいた。童謡あり子守歌あり、中国やモンゴルの曲であまりなじみがないであろう曲もありだったが、お年寄りの方は、とても熱心に聞いて聞いてくれた。

 二胡をひきながら、周りを見渡していると、一生懸命に聞いてくれているお年寄りの中に、懐かしさを感じるおばあさんが一人いた。もちろん知り合いではない。

 

 そのおばあさんの顔を見た時、自分の祖母のことを思い出した。祖母は2年前、亡くなった。突然の別れであった。95才。

 その頃は、自分はまだ体調もすぐれず、何もする気にもなれなかった。唯一、二胡だけひきたいなと思い習い始め、1年が経とうとする頃だった。

 そして、何もできなくなっていた自分が、やっと二胡が少しできるようになったので、おばあさんに会ったら習っていることを伝え、できる範囲で童謡などをひいて聞かせてあげたいと思っていた。

ただ、

「おばあさんは私が失職したことを知らないし、家で動けなくなっていたことも知らないから、二胡のことに触れるとばれるかもしれない(心配をかける)」

という思いが邪魔をして聞かせてあげることはできなかった。いろんなことに興味のあるおばあさんだったから、きっと一生懸命聞いてくれただろうに。

 もちろん、今思えば、今よりもずっと下手くそだったし人に聞かせるようなレベルの演奏にはなっていなかったであろう。でも、聞いてほしかったなあ。

 

 

 その祖母によく似たおばあさんの顔を見ながら、

「(自分の)おばあちゃん、聞いてくれてる?僕、二胡がだいぶひけるようになったよ。頑張って演奏するから、しっかり聞いてね」と心の中でつぶやき、精一杯の心を込めて演奏を続けた。

 

 

 おばあさんのことを思い演奏していると、二胡は何とも言えないすてきな音色で曲を奏でるのでした・・・って書けたら最高だけど、まだまだ修行の身。今出来ること以上のことは、当然出来ませんでした(笑)

(どこかで聞いたような話になるところでした。てへっ)

 

でも

 いつか、もっと上手くなってやる!今日も練習あるのみ。がんばるぞお!!!

 待っててね。おばあちゃん。

 

 

 

開業6か月目を進撃中!! (山狸

快進撃!!と言いたいところだが、

整体のお客さんは増える雰囲気が全くなく、

逆に体重だけがMAXを更新しようかという勢いで増えつつある、

そして、一日のうちで会ったり話したりするのはほぼ家族だけ、

そんな日常を、ボチボチと過ごしている。

 

 今日は二胡のレッスンに行ってきた。

 2週間に一度のお楽しみ!と思い、通っているレッスンであるが、先月の体調不良による練習不足の影響で、今だに調子を取り戻せず、行く元気もちょっぴりでない朝。

 それでも、子どもたちが、それぞれに忙しい週末を終え、重い体をひこずるようにしながらも、「行ってきます!」と学校に出かけて行く姿に、ああ、自分もできることから頑張らねばと姿勢を正す。

 そりゃそうだよね。二胡は自分の好きなこと・やりたいことなんだから、まずはそこから・いや、それだけでも頑張るところから始めないとね。

 

 行ってみると、今日は何と先生がべた褒めに褒めてくれた!

 今までより、ホップ・ステップ・ジャンプしてるくらいよかったらしい。8月のしんどい時期を知ってくれている先生が、「最近練習をまた頑張れているね」と。

 実際には、8月に比べると練習できているが、3月4月と比べるとまだ充分とは言えない。ただ、今、「上手くなっているよ」と言われるということは、ずっと前からの積み重ねてきたものが、少しずつ開花してきたのかもしれない。

 褒めてもらえることは、幾つになっても本当にうれしいものである。きっと明日からの練習にもさらに身が入るであろう。

 もっとうまくなって、いろんな二胡の人や他の楽器をする人と、一緒に演奏できるくらいになりたい。そのために、今は基礎練習・技術練習をしっかりしながら、課題曲を一歩一歩進め、どんな曲にも対応できるようなスキルを身につけるのみ。

 

 ああ、明日(の練習時間)が来るのが楽しみになった開業6か月目のある日でした。

 

 ああ、単細胞、単細胞(な私

 ああ、仕事とは無関係・無関係

              (笑)

開業4か月が過ぎ、、、(山狸

 思い出したくもない、とてもとてもヤバい1か月半が過ぎた。

 

 仕事にも慣れ、今まで肩に力が入りまくっていたのが少し楽になったからか、一気に体調を崩す。心臓が動悸を打ちえらい。しんどい。だるい。

 加えて、いつの間にやら精神的にもへこみが激しい。肝心の整体の仕事も減る一方だし、畑仕事をする元気もなく、体調が悪いから大好きな二胡の練習もできない。最後の砦のパチンコに行く気すら起きない。食欲だけは異常にある。

 おらは何のために存在しているのか、、、。どよよ、よおおん。

 

 いつの間にか、

 いつの間にか、四身一体(整一、耕司、資助、まめペン)が崩れかけている。4人で支え合っているから大丈夫なはずだが、、、4人いると4倍苦しいのか??????

 

 ああ、でも、やっぱり神様っているんだろうなあ。4人もいれば誰かの所には、光が差すものだ。4人でいたからこそ救われたのかもしれない。不調の波が大きく繰り返していたため、何が一番のきっかけだったかは覚えていないけれど、そのかすかな光を頼りに、何とか今復活の気配。

 

 山狸メインコーディネーターを中心に、みんなで自分を盛り上げていこうとしているところです。

 整一・・・精一杯の整体あるのみ。

      病院でのボランティアで二胡を弾けるように練習するぞ。

 耕司・・・畑の水やり・草取りをしにまずは実家にいってみるとするか。

 資助・・・またもや重くなった体(112kg)を、今度は筋トレしながら整体師

      仕様にダイエットするぞ!

 山狸・・・みんなのステップアップを、過負荷にならないように調整するよ。