おやじの楽工(がっこう)

早期退職おやじの「楽」しい再生「工」場

11月中間報告 (資助

 11月も半ばに差し掛かった。

 

 ダイエットは、地味~~に進行中と言っておこう。

11月前半で歩くこと 50分=約3KMほど。

あまり、歩けていない?

はい、その通り。

しか~し、これには深い訳が、、、。

 

 下の子が、夜運動するのに付き合い始めたのだ。

食事を食べ始めて1時間以内を「ゴールデンタイム」と言うそうだ。

ダイエットや血糖値の改善などにとても効果がある時間帯。

その話を子どもにすると、「食休みをしたらすぐ運動を始める」と言う。

 一番いい時間に体力づくりとダイエット。最高の組み合わせじゃあないですか。

子どもにとっては。

 

 私はそのウォームアップのランニングに付き合い始めた。

暗いし怖いというので。

ランニングに付き合うことも、歩くこととして計算してもよいのでは?

いえいえ、ランニングでさえ息が上がり、追いつけないので、自転車に乗っての15~20分。

もちろん自転車も、歩くことと同等かそれ以上の効果のある立派な運動ですが、「訪ねてメーター」は歩いて達成したいので、別枠ということで。(つまらないところで、計計算細かいし頑固な私💛)

 

 そうそう。話は変わるが、先週末、薬局で見かけた酵素なるものを購入。

かなり前になるが、「酵素が体にいい。」と聞いていたので、即飲み始めてみた。

これがとてもいい感じ!

なんだか胃腸や体が軽く、腹をひこずって生活するような重だるい感じがかなり軽減されている。心もいつになく元気気味。

腹の肉をつまんでみようにも、腹圧に阻まれ全く歯が立たなかったのだが、昨日くらいからちょっとつまめるようになってきた。

なんかちょっと痩せたのかな?

いえいえ今くらいの体重だと、以前の感じだと全くつまめてなかったよ。

ちょっと、びっくり。でも酵素の効果かどうかはまだ不明。

次回また報告するとしよう。

 

 

【訪ねてメーター】8か月半で(前回+半月で)

会いたい自分を訪ねて

   現在 およそ81KM / 3000KM歩くうち (前回より+3KM

      残り 32.1KG / 110KGからー30KGを目指すうち

                          (前回よりー1.1KG)  

 

うさぎじまん💛? (まめペン

 昨夜、上の子どもが突然こんなことを言いだしました。

 

「お父さん、知ってる?うさぎは満腹中枢がないんだって。」

 

 な、なんだって!

 なぜか分かりませんが、本当になぜだか分かりませんが、とてつもない衝撃が私の心に襲いかかってきました。確かにうちのうさちゃんは見ればいつも食べています。(その姿が、とても愛らしいから、大好きです。)もちろん、じっとしていたり、トイレにいっていたりすることもありますが。

 でも、

    (食べて続けている)=(満腹中枢がない)

なんて公式にあてはめられたら、例えそうであっても、こっちとしてはたまったものではありません。

 

 おい。我が子よ。いくら何でも唐突にそんな言い方するなんて、ひどいんでないの?うさぎは、脳みそが犬や猫よりも小さいって聞いたことはあるけど、日頃うさちゃんにちーっとも興味も示さないお前さんにそんなことを言われると、こっちは傷つくんじゃあ。

 うさちゃんはなあ、うちのうさちゃんはなあ。

かしこいんじゃあ!

 

 朝、私が小屋の前のカーテンを開け、「うさちゃん、おはよう!」と言うと、舌をぺろっぺろっとしながらうさちゃんが顔を覗けてきます。

 (朝のお楽しみの)おやつの袋を開くがさがさ音がすると、扉に寄りかかり、金網の間から鼻と口を出して「おやつをちょうだい!」とおねだりします。金網(平面)から鼻や口が飛び出してくるので、我が家ではこれを、3Dうさちゃんと呼んでいます。

 おやつを2粒食べると、今度はお皿に乾燥野菜を入れてやります。以前はお皿をとろうとすると、早く欲しくて私の手をひっかいてきていましたが、今では、一歩下がって待てるようになりました。(むちゃくちゃ腹が減ってるときは、昔に戻ることもありますが、、、。)

 しかも、どうやらこのやり方でえさがやれるのは私だけのようです。これは、うさちゃんと私の信頼関係と言っても過言ではない???

 

どうじゃあ、うちのうさちゃんは、

ぷり(てぃ)・かしこいんじゃああああああああ。

大事なのはこれから! (資助

さあ、運動の秋がやってきた。

       (すでにきている!)

ダイエットを始めよう。

       (8か月前に始めていたはず!)

少しでも体重を減らせば、体調もよくなりできることも増える。

       (そんなの分かり切ってる!だからダイエット始めたくせに!)

 

さあて、10月後半の結果はと、、、。

       (大事なとこには触れずに、あっさり行くな!)

160分=約10KMくらいかな。まあまあだ。

       (それはまあ、みとめよう。)

 

では、久々にいってみよう!

【訪ねてメーター】8か月で

会いたい自分を訪ねて

 現在 およそ78KM / 3000KM歩く内

    残りー33.2KG / 110KGからー30㎏目指す内

 

よし、11月もがんばろう! 

 (何事もなかったかのように報告してるけど、体重3KGも増えとるがなあ!!!)

 (会いたい自分から遠ざかっているんですけ!!!)

 

心機一転!

 11月になりました。

 元気と時間があるときに、いくつかは記録を書き込んではいましたが、実際には4か月近くお休み状態でした。

 さあ、新しい月になったことだし、心機一転、書くぞぉ~~

 

今回は、それぞれの近況をざっと記録しておきます。

 

整一)

 整体の修行も佳境に入ってきました。二胡もプチ演奏会に向けて頑張り中。

 

耕司)

 夏場世話ができず、枯れそうになりあきらめかけていたカラーピーマン(パプリ    カっていうのかな)が案外収穫でき、来年への手ごたえを少し感じているよう。

 

資助)

 投資の方は全く手がつかず、放置状態。生活リズムを崩し怠惰な生活を送っていたた め、たっ体重がものすごいことに。(この後報告予定)

 

まめペン)

 毎日、多くの洗濯物との格闘が精一杯。体調が今一だったので、弁当や食事はできないこともしばしばあり、、、。うさぎを小屋から出して遊ばせる気にもなれなかったので、うさちゃんは激怒している模様。

 

 まあそんなこんなの4か月でした。

 

ピーマンと父。待っててくれて、ありがとう。 (耕司

 7月にカラーピーマンを植え、「さあ、これから!」と思っていた矢先、妻の実家が水害に遭った。

 

 

 その片づけに奔走した7月

 

 7月の酷暑の中、毎日無理やりに心と体を奮い立たせ頑張り続けていたため、その反動で生活リズムを崩した上、寝込んでしまった8月

 

 そんなこんなで、7.8月は実家の畑にいけなかった。酷暑の中、自分はピーマンに水やりの一つもしていない。あの暑さの中、きっとピーマンは立ち枯れになっているだろう。種から大事に育ててきた苗のことを思うと、心が痛む。でも今さら、何ができるっていうんだ。

 事情が事情だけに仕方がなかった面もあるのだが、若干そんな投げやりな気持ちになり、どうしても畑に行く気になれなかった9月

 

 

 先日までその状態は続いていた。

 ああぁ~~。行きたくないなあ。数年前と同じで、やり始めたはいいが、結局最後までやり遂げることは出来ないのかあ。やっぱり僕には畑は無理なのかなあ。

 そんな卑屈なような投げやりのような気持ちにさえなっていた。

 

 それでも前回と違い、そこで気持ちが折れない。なぜだ?

振り返って思うに、どうもそれは、たまにかかってくる父からの電話のおかげらしい。

      「ピーマン出荷してみたよ。」

      「今日は売れていたよ。」

 

 出荷とすると言ってもわずか数袋。それでも、それをマメに出荷し、わざわざ報告してくれる。

 僕の大事にしているピーマンや畑を、僕と同じように大切に思い世話をし、言葉では言わないが「何時でもおいで。何時でも続きができるぞ。」と心のメッセージを届けてくれる父。 

 きっと、数年前の心と体の調子がむちゃくちゃにひどかった時ならば、その電話は心の重荷になり、実家の畑に行くのがさらに嫌になっていただろう。

 だが今回は違うようだ。父の電話が、僕の心を畑に繋ぎ止め、もう一度行ってみようかという気持ちを高めてくれている。(そう思えるところまでは、自分の心が何とか回復してきているとも言えるのかもしれない。) 

 

 そして、先日ついに実家へ車を走らせたのである。

 

 畑に、耕運機を丁寧にかけ、その後ピーマンの収穫をしてみた。暑さと水やり不足で背も低く大きくは育っていないが、結構な数の実がなっている。

 色も色々、大きさも色々。適当な大きさの物を選んで収穫しているうちに、何時しか楽しくなり心が晴れていた。

  きっとまた畑に来たくなる!そんな気持ちなれる畑仕事を終えた。

  

 お父さんありがとう!ピーマン待ってろよ!

 

 

共に、、、は、無理でした( ノД`) (資助

 大きな水害に見舞われ、妻の実家が浸水。その片づけに追われた1か月だった。

 

 異常な高温と、(浸水した建物の中では)息をするたび水が入ってくるのかと間違うほどの湿度の中、最初の週は毎日一日中片づけに追われた。水に浸かったものを片づける中で、はじめて知ったことがある。それは、何もかも異常に重くなることだ。布団、壁土、断熱材、本、などは特に重くなっている。中でも一番大変だったのが畳だ。たっぷり水を吸って腰が抜けそうなほどの重さだった。

 日常生活では考慮しない、見の周りの物がたっぷり「水を含む」という状態。引っ越しなどでただただ家の中のものを外に運び出すよりも、何倍も労力がいった。

 

 毎日片づけ、暑いので浴びるように水を飲み、バテないようにと家に帰ったらご飯を胃の中に無理やり押し込み、気がついたら倒れて寝ている。そして朝は胃が悪い。というような生活が続いた。 

 これだけ働けば、体重も落ちそうなものだが、この期間体重は一切落ちず。片づけが進み、最近やっと落ち着いてきたが、今度は疲れが一気に噴き出し、ストレスからか何を食べてもおいしくないが、とりあえず口に物をほりこんでしまう状態が続いている。

 

 

 10週間で6kgダイエット(して、子どもの頑張りを応援したい)という企画。私は、残念な結果に終わったが、毎日バタバタと親が過ごして落ち着かない中、子どもは自分にできることを頑張ってくれていたようで、大会ではベストを連発!大きな自信を勝ち取ることができたようだ。

 

 

 歩く方の企画は、ちょっと小休止。今はまだ、そこまで頭が回らない。近々再開の予定、としておく。

 

    さあ、昨日の体重は       109.9kg

   初週の平均(111.08kg)より  -1.18kg

                      以上で10週チャレンジ終了。

 

 かなりしょぼい結果になったが、いろんな意味で頑張った10週間だった。

準備は整った! (耕司

 何もできないまま時間と日にちだけが過ぎていったこの数週間。

 諸々の事情や天候、体調などがすべてクリアになり、ついに昨日、ピーマンの苗を畑に植えた。

 

 

 大事に大事に育てたはずだった。だが、ここ数週間は日射が厳しく、また水やりを忘れてしおれることもままあった。お世辞にもいい環境とは言えない中で育ったことが、その若干いびつな風体に現れている。

 「もう、狭いポットの中で我慢しなくても畑の土から栄養や水分をしっかりすって大きくなってくれ。」、そんな思いで畑に向かう。

 

 耕運機をかけたり草取りをしたりしていたおかげで、植える場所辺りはかなりいい状態。だが、実際にどんな風に植えようかと考える段になると、なかなか悩ましい。

 周りには、キクイモやらミントが生い茂ってきた。どちらもスギナに負けず劣らず畑中に蔓延るタイプだ。

 ピーマンの苗を植えたら最後、奴らは「もうしばらく、この下(ピーマンを植えたところ)は耕運機はかけられないよね。」とばかりに地下茎を伸ばしてくるのが目に見えている。

 どうしたものか。

 そこで、植えた後、周りや通路に耕運機をかけられるように、植える場所を考えてみる。すると、見る見る植えられる部分は削られ、予定の6割か7割程度の広さになってしまう。結果、予想収入も3割以上減で考えねばなるまい。

 

 だが、仕方ない。この農業をしてみるチャレンジは、草と戦う企画ではない。「ピーマンは植えたけれど、草とのエンドレスバトルだった。」となるならば、しないほうがまし。草取り代にもまるで足りないお金を稼ぐためにピーマンを植えるわけではないのだ。キクイモやミントを処分することが出来ない事情があるので、可能な範囲で(植える面積を減らしてでも)、効率のよい方法を実行するしかないのだ。

 

 暑さに目がくらみ、滝のように汗が流れる中、こんなことを考えながら、無事ピーマンを植え終わった。

 さあ、やっとスタートラインに立てた。ここからが本番である。