おやじの楽工(がっこう)

心身の調子を崩し早期退職したおやじが、自作のがっこう(「楽」しい再生「工」場)を卒業し生きていく様を書いています。

♪74 つい買ってしまったあぁ!小遣いマイナス圏内へ!

 二胡を習い始めた時、

いや、習う前に「先生の先生(大先生)」のところに、

二胡という楽器を買いに行った時のことだ。

 

 どんなふうに問われたかは忘れてしまったが、

「きらきら星でいいからひけるようになりたい。」

と答えた記憶がある。

 先生も大先生も笑って

「すぐできるようになるよ。」

と言ってくれた。

 

 そんな意味で言ったんじゃあないんだけどなあ。

私のいつもの説明不足。

いや、逆に伝わらないでよかったのかもしれない。

 私が言いたかったのは、

「きらきら星をひいている自分が

音色を聴いて泣けてくるくらい

気持ちをのせてきれいに奏でられるようになりたい。」

ということだったのだ。

 

 結果、2回目のレッスンの時には、きらきら星は簡単にひけるようになった。

どんな音色でも音程でもひけたことには変わりない。

一応ひけた。

 

 そんなこんなで、次から次へと曲を習ってはひけるようになりの繰り返しで、

早4年以上が過ぎた。

 

 年に1度か2度、思い出したようにきらきら星をひいてみる。

だが、まだまだまるで自分の思うきらきら星ではない。

音程はかなり定まり出したし、音色も最初の頃よりはよくなったはずだ。

ビブラートも少しかけられるようになった。

 でも、カチカチと弓が共鳴胴にあたる音がしたり、

音の出だしや終わりがきたなかったり、ちょっと間が悪かったり、、。

 ひどく悪くはない、、。

でも、まだ、よくはない。

 

 習いに行くことも大事だけど、

もう一度、基礎から練習し直したいと思った。

 そこで、インターネットでいろいろ調べてみた。

 

 二胡には、いくつか団体があり、

そのいくつかは検定をしている。

その検定のための曲集を売っているものもある。

簡単なレベル(初心者)から

難しすぎるレベル(師範を目指す人用)のものまである。

 どの曲集の中にも(6集以外)、

今までにひいたことのある曲が、ちょこちょこと、

散見される。

 

 やはり、それぞれのレベルの曲を、丁寧にしっかりひき込むことが、

確かな音程、確かな指使いへつながる道だと思い、、、、

 一方で、簡単な曲を今さらまた一から練習する元気があるかなあ、、、と思い、

お金がかかることなので、悩みに悩んだ結果、

6集まである検定の曲集のうち、初心者用の方から3冊も買うことにした。

 

 

 お値段7590円。

 たっ高い!(小遣い残額が一気にマイナス2000円以上に(涙))

 でもこの本で一から練習し直す時間を取っていくことが、

二胡に対する自分のやる気のあらわれ、

絶対上手くなるぞという決意だと思うことにした。

 

 本だけ買って満足するのが、よくある私のパターン。

そうならないことを信じて、練習に励みたい!