おやじの楽工(がっこう)

早期退職おやじの「楽」しい再生「工」場

1年間の修行へ  (整一

整体を習うことになった。

 我が子が痛めたところを治してもらいに整体に通っているうち、整体の先生から私に、「習ってみないか」という話をいただいた。

 毎日家でくすぶりつづけてきた中で、ちょうど、「毎日働きに出て何時間も仕事をするだけの体力や気力には自信がもてないが、そろそろ何か動かないと・・・。でもどうしたら・・・。」と二の足を踏んでいた時だった。そこへ、週に3回、1回が2時間程度の研修と聞いて、心が動いた。

 「今の自分でも、何とかぎりぎりできるのではないだろうか。」

 

 研修を受け始めて1か月半。いくつか変化が・・・。

 一つは、目が少し良くなった。何年も毎日毎日室内で過ごし、近いところばかり見ているから、目が疲れていて、近くは見えにくいし、当然遠くはピントが合いにくい。「これが老眼というやつかも。何もしていなくても年だけは取るんだな」と失意の日々を後悔し、ショックを受けていた。ところが、整体に行くようになって、車に乗って外出することが増えたので、必然的に遠くを見るようになり、ピントが合いやすくなってきた。相変わらずの疲れ目に変わりはないが、ありがたいことである。

 もう一つは、行き帰りを含め約4時間の研修に慣れてきたことだ。今思えば、いきなり仕事に就いて毎日長時間働くようなことは、まだ難しかったのだと思う。たった週3の整体であっても、最初の一か月くらいは、行くこと自体に抵抗もあり、しんどくなることもあった。それでも、「働きに出て自分で何かをするというのはまだ無理でも、今は教えてもらえるのだから、行きさえすればきっと何とかなるはず。短い時間だし。」と心に言い聞かせながら通った。先生はもちろん、先輩もとてもいい人たちで、だんだん慣れてきた今は、少し楽な気持ちで通うことができるようになってきている。

 

 整体はなかなか難しく大変だが、幸い我が家には施術の実験台になってくれる家族が複数いる。1年後に整体の技術を身につけられるよう頑張りたいと思う。

 まあ、今はそんなところだ。

 

 次回は、耕司のお話です。